横浜市マンション管理組合サポートセンター

旭区交流会のご案内

マンション管理のお仲間同士で、皆さまが抱える課題を話し合って
みませんか。

この交流会は、旭区のマンション管理組合の皆さまとマンション管理の専門家が15人くらい集まり、
日ごろお困りの情報や知恵を出し合って、「どう解決したらよいか」を一緒に考える交流の場、勉強
の場です。毎月、活発な議論が交わされていて、必ず皆さまのお役に立つと存じます。
(専門家は、マンション管理士、1級建築士、その他関連の資格の保有者です。)
  (神奈川県マンション管理士会)山本典昭 古川克実 宇田川和義 (浜管ネット)山本育三 
  (建物ドクターズ)小澤吉太郎 

マンションにお住まいの方であれば役員に限らず、どなたでも参加できます。


参加無料   事前申し込み不要   個別相談にも応じます。
事前にご要望のテーマをご連絡いただければ、優先して自由討論の場に取り上げます。
ぜひご参加ください。

開催日: 毎月 原則第1日曜日 9:30〜11:30
会場が、工芸室⇒小会議室に戻りました。
        (令和4年度)4月3日  5月1日  6月5日 7月3日  8月7日 9月4日
              10月2日 11月13日 12月4日 1月15日 2月5日 3月5日
会 場: 白根地区センター 045−953−4428 (相鉄線「鶴ヶ峰」駅より徒歩13分)

令和4年7月度の交流会は3日(第1日曜日)に開催されます。今月の会場は小会議室になります。

令和4年7月度のテーマ(予定)
 ◆ 参加者から提起された問題についての自由討論
     テーマ1 募集中
     テーマ2 募集中
     テーマ3 募集中
                 
 ◆ ミニセミナー
   〜 「第2回大規模修繕後の展望〜維持修繕か建て替えか」 〜     
    実際の例が報告されます。(山本(育)相談員)
                                
                          
 ◆ H29年度の相談82事例(マンション管理センター通信から抜粋)
       当分の間、コロナ時間の都合で休止します。
                 
 ◆ その他
       マンション情報トピックス
       直近のマンションお役立ち情報をレポートします。 

<最近のテーマ>     ……… 皆さんならどうされますか ………
2022年度
・6、7年前に地下駐車場の天井と側壁から大量の漏水。数年来裁判で争っている(タワーマンション)
・大型バイクの違反駐輪は民法92条(慣習)の法的効果があると管理会社に言われた。
・購入主の不動産さんがベランダの補修を管理組合に求めた。どうする?

2021年度
・新入居者へ規約配布している?無償?有償?
・住民は諮問委員会に「あなたにお任せ」状態。どうする?
・「マンションの維持管理・将来について考えていますか?(マン管センター)」(山本相談員)
・「マンション管理・再生は新時代へ(マン管センター)」(山本相談員)

2020年度
・分譲時からの入居者が、不足している駐車場を30年間使い続けている。
・保険契約の更新に際して「水災」補償を加えるか?
・「鳶尾第二住宅で行っている「アルミサッシ改修工事」」(永田相談員)
・管理会社が組合員名簿を管理組合に公開しない。どうする?
・滞納者の専有部分を管理組合が売却して滞納金を回収できるか
・「認知症ってなに」(加藤相談員)

2019年度
・「土砂災害防止法に基づくがけ地の現地調査等(レットゾーン指定に向けて)」(古川相談員)
・契約駐車場を使わず、長年敷地内自室近くに違反駐車。制止してもどこ吹く風、どうする?
・共働き夫婦が増えて共用部の廊下に宅配の収納箱が常時置いてある。やめさせられないか。
・「会計担当理事1億円横領事件」(ワークショップ)マンション管理・再生は新時代へ(マン管センター) ・防火管理者の選任、防災訓練、あなたのマンションでは?
・位置指定道路についてQ&A
・「標準管理規約にみる監事の権限と職務」(松岡相談員)
・「自主管理の事例」(永田相談員)
・台風時に屋上屋根の破片が駐車場の組合員の車を直撃、損傷させた。損害費用の真の負担者は?
・LED交換のメリット、デメリット、投資回収期間は?
・隠れた瑕疵への対処方法は? 
・役員免除規定の事例紹介 
・「18年度 マンション総合調査報告」(山本相談員)
・「外部事務管理者」という第三者管理とは。(加藤相談員)
・理事会に1回も出席しない理事がいる。その対策は。
・網戸ドアは消防法違反という住民がいる。消防署の見解は。
・防犯センサーが1階住居のみに設置されているが、上階と負担金に差をつけるべきか。
・団地で高圧一括受電導入に2人反対。最高裁は個人の電気解約総会決議は無効とした。(山本相談員)
・役員のなり手がいない。役員会出席率も悪い。活性化するには。
・マンションの管理不全 「症例」の12パターン(山本相談員)

2018年度
・マンションの空家を管理組合が買い取れるか。その要件は。
・管理組合訪問相談の生レポート(加藤相談員)
・規約が古く全面改正したい。どうやったらいいか。
・断熱リノベ補助金。国、県、市の補助金の違いは。併用はできるか。(山本相談員)
・委員会は大規模修繕の設計管理方式を提案したが、理事長は管理会社特命発注を主張。
・大規模修繕工事の業者見積もり、工事仕様の適切性はどうチェックするか。(小澤相談員)
・LEDへ交換する場合のメリット計算はどうやるか。
・旭区のハザードマップ(古川相談員)
・狙われるマンション積立金 修繕で悪質コンサル横行(山本相談員)
・家族信託ってなに?(山本相談員)
・マンションの暴力団排除規定はどう作る。(山本相談員)
・マンションのインスペクションとは。(小澤相談員)
・総会で白紙委任状は有効か。
・大震災時、管理組合はどう対応するか(加藤相談員)
・災害時の排水管対策の具体的なチェックポイントは。(加藤相談員)
・理事会組織は残すが、理事会業務を外部に委託したい。
・共用部給水管からの赤水への対応例(古川相談員)
・塩ビシートを貼った共用階段・廊下が年2回の高圧洗浄できれいにならない。
・消防法点検時にいつも不在の住民に点検を受けさせる方法はないか。
・規約の改正を進めているが、管理会社の対応に不信感がある。
・ペット委員会として「飼育可」を理事会に答申したが、理事会内で留まっている。



(問い合わせ先)   サポートセンター旭区交流会座長 山本 典昭(マンション管理士)
               tel: 080-5879-3923    メール: yamatenn@nifty.com